カスタムメニュー

RCM製作

ここに最高峰がある。

そのカスタム、満足していますか?

近年、チューニングやレストアの技術水準は高いレベルを示す時代になりました。高度な加工のテクニックとセッティングが施された本格派チューニングZと、リーズナブルなボルトオン作業を中心に作られたカスタムZ。両者を乗り比べてみれば、そこには根本的違いが明らかに存在し、歴然とした完成度の差を感じ取る事ができます。

しかし残念ながら現実には多くの方達が後者のZを有しており、本来あるべき扱い易さや完調度を感じ取ることは出来ず、「実用性」と言う概念が存在しないカスタムZでもあります。その車輌から感じ得た経験や視野の枠の中に囚われてしまい、「太いタイヤは曲がらない」「カスタム後はトラブルだらけ」「オイル漏れはしょうがない」といった評価が下されてしまっています。私達はそんなユーザーサイドの言葉をよく耳にし、常日頃、無念な気持ちを抱かされ続けてきました。

確かに、数あるアフターマーケットパーツの中にはトラブルの原因になりかねない物、または見た目だけでは判別のつきにくい問題のあるパーツが多く存在し、それらを中心に、ボルトオンという限りなく技術を要しない作業工程を経て生まれてきた改造車は、ある種お粗末であり、時には危険性をもはらんでいる、そんな車輌になっています。一見、きれいに作られたカスタムZ。フレームも外装も美しくペイントが施され、高価なブレーキやキャブレターに交換されている。そこそこ手頃な価格で購入が可能で、喜優して納車日を向かえ、憧れた愛車との楽しいはずのバイクライフ。それが本当に乗り易く、調子の良い、走る完成車を手に入れられたと判断して良いのか?疑問が残ります・・・。

サンクチュアリで依頼される業務の中で最も多い作業に、欠陥の目立つ不良カスタム車の修正・修復があります。これらの車輌に多く共通する事は、ワンポイントでの修正・修復が非常に困難で、ほとんどの部分がやり直しになるケースが多く、相当な時間と高額なコストが掛かってしまうという事です。中にはフレーム本体への溶接加工が粗悪な為、ダメージがひどすぎて直しきれず、修復をあきらめざるを得ないマシンと出会う事もあり、トータルでの造り込みにおいても、各部の加工や作業に大雑把な痕跡が目立ち、細部へ至るほどに手直しの必要性を感じさせる。そんな未完成さを見てとることができます。手頃で安価ではあるものの、雑な工程で仕上げられたZ。一方、高価ではあるが、チューニング専門店やレーシングコンストラクターの手により丹念にセットアップされた信頼性の高いZ。実際に比べて見れば一目瞭然であるにもかかわらず、前者の作業修正、修理が未だに後を絶たない。なぜこの様な現象が永く続いてしまうのでしょう...。

R.C.Mは信頼のフルオーダーメイド

R.C.Mは、真のチューニング技術と「コスト意識ゼロ」とも思えるメカニックスタッフの情熱から造り込まれる、本格的なコンプリートバイクです。適材適所なパーツと材料の選択、すでに安全性を確認済みの作業、乗り手のイメージを具現化しながら、技術面における高水準なセットアップを施し、見た目にも違和感が無く、卓越した完成度と信頼性の高いフルオーダーメイドを可能にしています。

ハイレベルなトータルコーディネートたるR.C.M。真の美しさと優れた機能は造り込まれた細部に宿ります。

 

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.