カスタムメニュー

フレーム補強・加工

当店ではカワサキZ系に様々なフレーム加工メニューを用意しております。

メインフレームの補強について

フレームの補強内容は車両の仕様に応じてステージ1~3までお選びいただけます。フレームの性能としてはステージ1が18インチ向き、ステージ2が17/18インチ共用、ステージ3が17インチ専用~サーキット走行向きとなります。

ステージ1ではZ系車両において不足しているフレーム剛性を最低限リカバーした内容を採用しております。純正ベースの18インチ改などに代表されるカスタムにはマッチングが良い内容です。ステージ2はハイグリップ17インチラジアルタイヤにも対応するべく、ステージ1をベースに更に主要箇所を強化した内容です。ステージ3はステージ2を更に強化するため、フレームに対して大掛かりな加工を施す内容となっております。純正フレームにあるオイルクーラーマウントになるボックス状の部分は完全に取り払われ、新しく新規部材でフレーム材を増設します。そこに新しいオイルクーラーマウントが新設されます。

reinforcement_st2.jpg

reinforcement_st3.jpg左側がステージ2で右側がステージ3の補強となります。補強 の入れ具合によっては完成した車両の性格が大きく変わるため、完成車の仕様に応じた補強メニューを選ばなくてはなりません。こちらについては、お気軽にお問い合わせください。

 

・ステージ1フレーム補強(Z1/2用10箇所補強):¥68250 (MK2系用6箇所補強):¥54600

・ステージ2フレーム補強(Z1/2用12箇所補強):¥78750 (MK2系用8箇所補強):¥63000

・ステージ3フレーム補強(Z1/2用15箇所補強):¥99750 (MK2系用12箇所補強):¥89250

ピンポイントでフレーム補強も可能です。補強箇所を指定していただければ補強部材を作成して溶接取付いたします。(価格はこちらにお問い合わせください。)

 

リアショック・レイダウン加工について

シートレール部に加工を施し、純正の取り付け位置より少しだけ前傾させてサスペンションを取り付けするレイダウン加工はハードなスプリングレートを持つレーシングショックの初期作動性に大きく影響してきます。低荷重時には柔らかく、高荷重時には硬くといった具合のプログレッシブストローク化されたリアショック特性となり、高性能なシャーシパーツやハイスペックラジアルタイヤを装着する車体には必要不可欠な加工です。

laydown_02.jpg

laydown_06.jpg 左がレイダウンマウントブッシュを溶接するために作られた専用治具です。レイダウン専用治具を使用することでショックマウントの位置を精度良く取り付け出来ます。

 

レイダウン加工は高い精度が要求されます。マウントが少しでもずれてしまえばリアショックは平行ではなくなってしまい、本来の性能を発揮できないばかりか、最終的にはリアショックの破損を招いてしまいます。

リアショックレイダウン加工:¥37380~(部材込み)

(純正スイングアーム幅のレイダウンは加工工程が異なるので¥44730となります。)

ドライブチェーンの軌道確保について

Z 系車両はワイドホイール装着に伴い、チェーンラインを外側にオフセットしていくとあるところでフレーム内側にチェーンが干渉します。180サイズ以上のタイヤをZに装着する場合、確実にチェーンはフレームと接触します。そこで、オフセットドライブチェーン対応インライン処理が必要になってきます。

chain_line_offset.jpg

 フレーム内側にチェーンが通る為のザグリ加工を行い、加工部に合わせたアングル材を溶接加工します。

180タイヤ(チェーンライン102㍉)対応と190タイヤ(チェーンライン108㍉)対応の2通りのインライン処理を用意しておりますので、装着する予定のリアタイヤサイズをご指定いただく形となります。

現在のところは18インチホイールの仕様の車両でも、こちらの加工を行なっておけば後々17インチワイドホイール装着時にフレームの再加工を行なう必要がなくなるので、18インチ車両にもおすすめの加工です。

 

ドライブチェーン軌道インライン処理(180タイヤ対応 チェーンライン102㍉):¥26250

ドライブチェーン軌道インライン処理(190タイヤ対応 チェーンライン108㍉):¥36750

 

オプション作業について

 補強業務の他にフレームのコンディションアップを図る加工を各種用意しております。

フレーム修正業務

経年劣化や事故等によるフレームのゆがみを修正できます。せっかくのフレーム補強も歪んだフレームに施してしまっては意味がなくなるばかりか、補強が逆効果になるケースもあります。

ネック部のフレやおじぎ、エンジンマウント部の変形・曲がり、シートレールのフレなど、ほとんどの物が修正可能です。(中には損傷が激しすぎて修正不能なケースもあります。)

フレーム修正作業:¥35.000~(フレームの状態によって価格は変動いたします。)

アンダーフレームバイパス加工

誕生から30年以上経過したZ系フレームでは、アンダーフレーム内側からの腐食により軽く叩いただけで凹んでしまったり、ひどい物では穴が開いてしまう物も存在します。

こういった症状のフレームに対して、当店では腐食した部分を切除し、全く新しいフレーム部材をつなぎ合わせてフレームを復活さることができます。

アンダーフレームバイパス加工:¥36750(状態によって金額は上下いたします。)

フレームサンドブラスト加工&パウダーコート塗装

reinforcement_st2.jpgのサムネール画像フレーム加工を施した場合、従来のフレーム塗装は確実にはがれてしまいます。当然そのままにしてしまえばあっという間に腐食してしまい、せっかくのフレーム加工が台無しになってしまいます。

そこで、当店ではフレームのサンドブラスト加工及びパウダーコート塗装をお受けしております。

サンドブラスト加工で確実な塗装下地を作り、そこに頑丈なパウダーコート塗装を施すことにより新車のような美しさがよみがえります。(塗装強度は確実にZの新車を上回ります。) 

 

フレームサンドブラスト加工及びパウダーコート塗装:¥71400~(ベースフレームの状態により、若干の変動があります。)

※ご注意:記載価格は全てフレーム単体でお持込の場合の金額です。車体一式でのお持込に関しては別途車体全分解工賃(¥126000)、エンジン脱着工賃(往復分、¥29400)が必要となります。

 

 フレーム補強・加工の作業金額例

 当店においてご依頼が比較的多い作業例を紹介いたします。

カワサキ Z2フレーム単体に対して補強・レイダウン加工・チェーン軌道インライン処理・サンドブラスト&パウダーコート塗装を行なった実例です。

・ステージ2フレーム補強:¥78750

・ワイドスパンレイダウン加工:¥37380

・チェーン軌道インライン処理(190タイヤ/108㍉):¥36750

・フレームサンドブラスト加工&パウダーコート塗装:¥71400

合計¥ 224.280-(税込み)

上記の内容で17インチハイスペックラジアルタイヤ/足回りパーツに対応したフレームとなります。

 フレーム加工の事でご不明な点がありましたらこちらまでお気軽にお問い合わせください。

 

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.