ブログ

サンクチュアリーアビリティー そのいち

サンクチュアリー東京ウエスト塗装担当の阿部です。

ブログを更新する暇がない!!!って言いたいのですが・・・。頑張ります。

だから自分も更新して下さいよ(¬з¬) → 道岡社長

というわけで、先日終わらしたサンクチュアリーアビリティーのNO1のエンジンの紹介をします。

まずは送られてきた部品の確認&チェックをしてから色の確認などのために菅原さんにTELします。

IMGP9692.JPG

そうしたら部品の洗浄&下地処理

IMGP9758.JPG

 下地処理にはサンドブラストやウェットブラストにておこないます。

IMGP9762.JPG

         更に古い塗膜の残りや腐食をチェック&剥離後に脱脂

そして塗装して170℃で一時間ほど焼きつけると(釜を170℃に上げるのも時間がかかります(;_;)

                           ↓

IMGP9924.JPG

こうなります(^O^)

写真撮影してるとウロウロしてわざと邪魔する魔の足が・・・。ひどいです。

IMGP9875001.JPG

 

IMGP9890.JPG

写真もこだわると大変です。

光や背景、そして道岡社長がいなくなるのを待たなければ・・・。笑

 

RCMのエンジンにTokyo-westのガンコートされる方が増えてきています。

『せっかくエンジンをオーバーホールするならガンコートして欲しい』

という連絡も増えてきて嬉しいですね。

値段や分からないことは気軽に連絡お願いします。

 

GUN-KOTEは高速道路などで凄い勢いで攻撃してくる飛び石にも強いし、

(何キロの時の石に耐えるのかは実験していません(;_;))

放熱性が良いので夏の暑いときのエンジンの冷却にも効果があります。

更にガソリンやブレーキフルードに浸けておいても全く問題のない耐薬品性は最高です。

SANCTUARY tokyo-westにはガンコートした部品を飾っていますので、見たい方や興味のある方はいつでもご来店&ご連絡お待ちしています。(木曜定休)

 

2011年8月 3日 03:18 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.