ブログ

羊の皮をかぶった・・・

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

昨日今日と暑くてバテ気味ですが、先日納車したZ-1を紹介したいと思います。

hgcjr 008.jpg

持ち込まれてきた時はヘッド周りからいや~な打音がしている状態でした。

hgcjr 020.jpg

音の原因はコイツで、カムチェーンガイドが割れて常にシリンダーを叩いていたのが原因でした。

本当に危機一髪というところです。

hgcjr 024.jpg

シリンダーライナーもこの通り、スルスル抜けます。

hgcjr 029.jpg

ピストン&リングも燃焼圧力を受けきれずに吹き抜けていますね・・・    これではアイドリングも安定しないし、トルクも出ないです。

hgcjr 015.jpg

インテークバルブもオイル下がりをしていたのか湿っています。

bgsdrgsre 007.jpg

すごいカーボンですね!!  インテークもバルブがしっかりシール出来ていなかったのかカーボンが付着しています。

この辺はウェットブラストでキレイにしましょう♪

bgsdrgsre 003.jpg

EXスタッドのネジ部がゴッソリ欠けてしまっています。

こうなってしまったヘッドもTIG溶接で盛って整形すればちゃんと直ります☆

bdrgzerg 004.jpg

こちらがウェットブラスト&内燃機加工が終わったシリンダーヘッドです。

バルブは秘密のスペシャル品です。

bdrgzerg 009.jpg

ヘッドはバルブセット長の確認や燃焼室容積の測定など‥  組むまでにやる事がいっぱいあります。

ヘッドは気筒間でのズレが0.1ccも無いという優秀な成績です。

bdrgzerg 019.jpg

ピストンはもちろんSOHC製70mmでWPC&モリブデンショット!  ピストンピンはDLC処理!!

このDLC処理・・・・    最高です☆

bdrgzerg 013.jpg

シリンダーはどうせライナーを入れ替えるんだったらと今回は思い切ってメッキシリンダーにしました。

怪しく光っています。

bdrgzerg 020.jpg

シリンダーも組む前にきちんと測定してデータにします。  物凄く手間のかかる作業ですが、万が一が無いように全部自分で確認します。

SOHCさん相変わらず良い仕事してますね♪

nfghfrt 031.jpg

カムメタルも純正をWPC&モリブデンショットしています。

撮り終わってから気付いたのですが、一枚だけ逆ですね・・・

nfghfrt 030.jpg

ヘッドが搭載されました。

今回は圧縮を11.5:1ぐらいでも組めたのですが、この先も考えて今回は10.6:1で組みました。

ガスケットの厚みだけで調整できるようにしたので高圧縮にするのに内燃機加工無しでいけます。

jhvgck 001.jpg

そして車両に搭載して納車です。

今回僕が入院していたために作業が大幅に遅れてしまい大変ご迷惑をかけました。

カバー類のバフはサービスでやらせていただいたのですが、ウェットブラストしたエンジンに良く似合います♪

jhvgck 003.jpg

ノーマルキャブに4本出しマフラーそしてエンジンガードと見た目はノーマル風、中身はオオカミ仕様です。(笑

これからの夏場の走行にはオイルクーラーが欲しい所ですが、気温の上がらない朝夕にまずは慣らしですね!!

圧縮もしっかりして力強くアイドリングするようになったZ ノーマルと思って近づいたらヤケドしますよ♪

Fさ~ん!!   オイル交換待ってますよー☆

2011年6月22日 22:36 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.