ブログ

バンク角・・・

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

今日のテーマはタイトル通りバンク角についてです!!

Z等の旧車は17インチにして車高が下がり、ハイグリップタイヤを履いてバンク角が深くなると峠を攻めるぐらいでもダイナモカバーを擦ってしまいます。

エンジンカバーを擦るほどバンクさせる・・・  カッコイイですが、非常に危険です。

まだ軽く擦っているだけなら気にもならないでしょうが、路面にチョットした凹凸があったりなんかしたら間違いなく転倒します。  Zはカバーに穴が開けばオイルも漏れますし・・・

そこで対策としてエンジンカバーを斜めにカットしてよりバンクできるように対策しちゃいます♪

cbxsdfbsz 010.jpg

使わなくなったクランクケースを冶具代わりにダイナモカバーを固定して溶接していきます。

cbxsdfbsz 012.jpg

本当はカットした画像とかも撮れれば良かったのですが・・・  気付いたらこの形に・・・

ここまで大幅にカットしないでも多少のバンク角対策は出来るのですが、このお客様は峠が好きでよく走りに行くのでいきなり限界までカットします。

bdrtghsrt 014.jpg

ステーターコイルもカットして巻直しています。  発電量は見ての通り4分の一ぐらい少なくなってしまうのですが、補うように銅線の巻き数を増やしているので普通に町乗り出来ます☆

fbdfgsdr 006.jpg

カバーもペイントから上がってきて取り付けたところです。

bdrtghsrt 011.jpg

画像が分かりづらかったので置き撮りしたのも載せときます。

ここまでやればオーナーのK様も擦る事は無いと思います♪

他の所擦ったらまた言ってくださいね~!!

2010年12月 1日 18:28 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.