ブログ月別アーカイブ:2010年10月

Z1フレーム補強

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

最近は少し寒くなってきたのでフレーム作業がやり易い気候になりました。

gvsergr 001.jpg

こちらはフレーム修正から帰ってきたZ1のフレームです。

gvsergr 003.jpg

Z1でよく見られるネック下のガセットのクラックです。

ここに亀裂が入っている車両は十中八九ネックが振られています。

このフレームも案の定、左に振られていました。

hsrthsr 004.jpg

パイプやプレートから補強材を切り出してすり合わせが終わったところです。

フレーム補強はすり合せをしっかりしてから溶接しないと溶接時に引っ張られてフレームに変な力がかかったりします。

後は溶接するだけですのでU様、もう少々お待ちください。

bdrtghdrt 020.jpg

・・・・自転車のフレームです。

今回は自転車のフレーム補強!!

bdrtghdrt 017.jpg

では無くてクラックの修理です。

このフレーム、材質がチタンで出来ていて物凄く軽いです!!

ですが、肉厚が薄いせいもあるのか、1万キロ(?)でこうなってしまう事が多いみたいで、消耗品との事です。

bdrtghdrt 021.jpg

溶接をして修理してみました。

しかし、自転車のフレームっていろんなところに補強したくなるような作りしてますね☆  まぁ、いらないんでしょうけど。

星さ~ん、自転車のフレーム補強してみないですか~?? 

あと、僕が雨男ではないのを土曜日の、『ROAD RIDER FESTA』で証明してきます。

2010年10月28日 19:04 更新

RCM-152 Craftsmanship KZ1000 MK-Ⅱ 製作記 1

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

忙しい事を言い訳にずっと先延ばしにしていた「RCM-152 Craftsmanship KZ1000 MK-Ⅱ」の製作が始まりました!!

どうしても日々の作業に追われてしまいこういったことをマメにやらないのは悪い癖ですね・・・  反省してます!!

お問合せいただいた皆様!  申し訳ありません!!  これから作業を開始します!!!

と、言ってもエンジンや外装をペイントに出したりと「仕込み」は終わっていますので、わりと早く組みあがると思います。

dfhxftht 004.jpg

菅原工場長が一生懸命フレームを磨いております!!

今回製作する車両は元々AC SANCTUARYで7.8年前に製作した車両のリメイクになりますので、フレーム補強等もその時にしっかりとされていました。

埃は被っていたものの、ペイントの状態は非常によかったので当初の予定とはかわって「販売価格も下げれるしペイントしないで良いんじゃないかな~」なんて思っていたのですが・・・

dfhxftht 011.jpg

当時はフレームでもウレタンペイントをすることが多く、このフレームもウレタンで塗られていました。

ウレタンはキレイで良いんですけど、飛び石やネジを締めた回りなど塗料が割れるように剥がれてしまう事が良くあります。   よく見ると所々ペイントの剥げている所がありました・・・

こうなってしまうと、せっかくリメイクして「RCM」として製作するにはちょっと納得のいく仕上がりにならないので、またまた西村コーティングの「ダイヤモンドコート」に出す事にしました☆

ですので、フレームが上がってくるまでもう少々お待ちください。

dfhxftht 015.jpg

こちらはクロームメッキに出す小物一式です☆

同時進行で製作している「RCM-153 Craftsmanship Z-1」の物も入っていて二台分なので下準備も大変です。

 

つづく・・・

2010年10月24日 19:04 更新

バイブル5☆

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

皆さんもうバイブルは見ましたか??

全国の書店で販売していますので、チェックしてみてください☆

hbdrthd 132.jpg

さて、この表紙に載っている車両ですが・・・・    なんと!!  Tokyo-Westで製作した「RCM-090 Z1000R」が表紙じゃないですか!!

いや~、製作した人間としては本当に嬉しいです♪   オーナー様も峠が好きで奥多摩によく行くだけあってライディングも良い感じですね!!   

hbdrthd 116.jpg

以前にも紹介したのですが、N/R製 メガホンマフラーに仕様変更のため今回入庫しております。

実は前回のときはステーが合わなくて仮付けしただけでステー待ちの状態でした。(ワイドスイングアームが入っていると大変です・・・)

hbdrthd 084.jpg

理想を追い求めて製作し 一度は完成したRCMですが、オーナー様と共に更なる理想を具現化させていく姿を見るのは、成長していく我が子を見るような心境です。      まぁ、まだ結婚していないんでよく分かりませんが・・・   

次はOZホイールですね!!  

2010年10月23日 17:57 更新

Z-Ⅱメンテナンス☆  その2

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

先日紹介したZⅡですが、シリンダーライナーが手で回ってしまうほど圧入が緩かったのと、元々入っていた新品ピストン(たぶん・・・)は、再使用出来ないような状態だったので今回は思い切って「SOHC」のピストンと専用ライナーで組みたいと思います。

gjvuykuilk 008.jpg

ライナー入れ替えから上がってきたところです。

「SOHC」ブログにて詳細が分かりますのでそちらをご覧ください。

dfhxftht 001.jpgのサムネール画像

ライナーの下側です。  右がノーマル 左がSOHC

ピストンのスカートが短くなった分ライナーも若干短くなっています。

今回の圧縮比は町乗りメインなので10.1:1で組みます。

シリンダーヘッドの方もO/Hしたてとは思えないほどのガタとシートのアタリ幅だったのでやり直しです。

fbsrthrth 010.jpg

こちらはホイールベアリングを入れ替えたところです。

元のベアリングは「ゴリゴリ」していてキケンな状態だったので交換です。

fbsrthrth 025.jpg

ピボットのベアリングはステムやホイールに比べればまだ状態は良かったのですが、いつ換えたかも分からない様な物だったので交換です。

交換ついでにニードルベアリングに換えるキットを組み込みます。

fbsrthrth 029.jpg

車体廻りはもう完成しているので、ヘッドの加工待ちになります。

U様、もう少々お待ちください。

2010年10月15日 18:25 更新

Z-Ⅱメンテナンス☆  その1

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

今回紹介するのはこのZⅡです。

fgserg 001.jpg

中古車屋さんでエンジンO/H済みということで購入してきたのですが、ヘッドからの異音が気になってそんなに走っていないけどヘッドを外してみる事にしました。

dgsdrgz 006.jpg

ヘッドを分解していると、シリンダーとシリンダーヘッドを繋ぐボルトが全然テンションがかかっていないで液体ガスケットで固定(??)されてました。      ここの雌ネジはよく飛んでいるのを見るのですが・・・   O/Hしたばっかりですよね??

dgsdrgz 009.jpg

メーターギアの取り出しのボルト部分もなんか怪しいですね・・・

dgsdrgz 015.jpg

お次はシリンダーを外します。

dgsdrgz 014.jpg

そういえば、トップアイドラーは新品が入っていましたよ!!

dgsdrgz 019.jpg

シリンダーを外してピストンを見てみるとピストンスカートの一部が欠けています・・・

しかも、欠けているところの回りの部分に変なアタリが付いているので、組み付け時にスカートの部分を何かにぶつけてしまって、欠けてしまったのではないかと思います。

・・・何にぶつけたかというと

dgsdrgz 021.jpg

おそらく(ほぼ間違いなく)この部分ですね・・・    反対側もなってました。

クランクをロックする工具が無いままシリンダーを入れようとしてなったのか・・・  原因は分かりませんが、このまま組み付けるのはどうなんですかね??

 

続く・・・

 

2010年10月12日 18:40 更新

本日のTokyo-West

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

今日は雨の予報でしたけど晴れましたね!!    本当はツーリングに行く予定でしたが、昨日の時点で諦めてしまったので今日はちょっとモヤモヤしています・・・

今日の工場は同じような仕様のZが入っています。

fbsrthrth 006.jpg

手前の車両は買ってからそんなに乗っていないそうですが、色々あって足回りのメンテナンスとエンジンO/Hで入庫しています。

そして奥の車両ですが・・・

fbsrthrth 007.jpg

クラッチ板の交換と(画像は交換した部品です) オイル交換(円陣家至高 TCO-AC)

fbsrthrth 021.jpg

そして各部のオイルもれ修理とハンドルスイッチの交換です。

・・・これではセルが回りません!!

ハンドルスイッチを交換しようとガソリンタンクを外してみると・・・

fbsrthrth 022.jpg

悪い夢でも見ているかのような配線の処理です・・・  思わず外したタンクをまた着けてしまいました・・・(笑

ハーネス自体をオリジナルで引いているのか、色から何から全て滅茶苦茶です!!

こんなハーネスだといつ何が起きてもおかしくないので早めの交換が良いと思います☆

fbsrthrth 016.jpg

本日来店された750FX-Ⅲの S様です。

スペシャルなエンジンを今製作中なのですが、今日はフレームと足回りのバージョンアップの相談です。

fbsrthrth 019.jpg

中古車Z1-Rを購入されたI様も気がつくとオイルクーラーがついていたりして更なるカスタムの相談に来ています。

ツーリング行きたかったなぁ・・・・  

2010年10月10日 19:17 更新

Z1000Jフレーム補強

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

最近は涼しくなってきたのでフレーム作業がはかどります。

hsrthsr 007.jpgのサムネール画像

こちらはZ1000J系専用のフレーム補強です。

Z1000S1でも同じような補強がされていたのですが、それをアレンジした物になります。

bufogy 001.jpg

これはS1のフレームです。

補強部分が少し違うのが分かりますか??

hsrthsr 011.jpgのサムネール画像

アトはよく切り取られてしまっているヘルメットホルダーのステーを新規作成したり・・・

hsrthsr 009.jpgのサムネール画像

何に使うのか分からないですが、ノーマルでついているステーを前オーナーが切り飛ばしてしまったので、また新規に溶接したり・・・

hsrthsr 010.jpg

チェーンがダルダルのまま乗っていたのか、チェーンでパイプが削れてしまっていたので溶接で肉盛して整形したりして、毎度お馴染みの「西村コーティング」にペイントに出します。

gjvuykuilk 028.jpg

そしてダイヤモンドコートから帰ってきたフレーム(画像撮り忘れました・・・  ダイヤモンドコートは仕上がりが良くてスゴイきれいですよ♪) を梱包して発送待ちとなります。

・・・このダンボールで人間も運べるんですかね??

 

2010年10月 9日 18:57 更新

久々の更新!!

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

本日引き取ってきたZ-Ⅱの腰上を早速分解します。

ncfhndsrt 018.jpg

こちらは納車して約4年(・・・だったかな?)、ACサンクチュアリーで製作した車両です。

ncfhndsrt 021.jpg

テイラーのプラグコードは線を引っ張るとカシメの部分から抜けてしまいますので必ず本体を引っ張るようにして下さい。

ncfhndsrt 020.jpg

今回作業させて頂く事になった原因がこれです・・・。

プラグ交換のときに斜めにプラグを入れてしまったのか、入り口のところがボロボロです。

こうなってしまうとお金はかかってしまいますが、エンジンをクランキングさせたりしないで素直に腰上を分解するのが正解です☆

ncfhndsrt 029.jpg

純正の中空カムシャフトです。  手で持って明らかに軽いのが分かります♪

ヨシムラの中空カムシャフトもかなり軽いですよ!!

ncfhndsrt 030.jpg

シリンダーヘッドを外してシリンダーを上からのぞいている所です。  ピストンはワイセコ製☆

白煙は出ていなかったのですが、カーボンの着き方からして軽くオイル上がりをしていたみたいです。

ncfhndsrt 032.jpg

プラグホールがダメになっている4番シリンダーです。

案の定アルミのカスが燃焼室に落ちていました。  エンジンを分解しないでタップ等でねじ山を修正してエンジンをかけていたら大変な事になっていましたね!!

これから各部品を細かく寸法等チェックしてどうするのかをオーナー様と相談です。

K様、もう少々お待ちください。

 

2010年10月 2日 17:21 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.