ブログ

本日のTokyo-West

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

先日作業途中でカムシャフトの異常磨耗を発見したK様の作業再開です。

vsdrtgxs 007.jpg

相談の末、元々つけていたものと同じヨシムラのST-1カムシャフトになりました♪

元のカムシャフトは現行の物の一つ前の型みたいで、各部微妙に作りが違いました。

↓エンジンをバラした時の画像です。

fhdthrth 011.jpg

なぜか中の塗装がデロデロに溶けています。 純正でもブラックエンジンは中までペイントされているのですが、これは後からペイントした感じですね・・・    酷い状況です。

ghdtyj 011.jpg

なので、このような感じに(これは違うエンジンです)ウエットブラストで内部洗浄しちゃいました☆           (Tokyo-WestでエンジンO/Hの方はサービスでやっておりますので、お気軽にお申し付けください。)

nbfgtyh 002.jpg

シム調整をしたりとかブログ用の画像を撮るのを忘れて組み終わってしまいました・・・

その頃菅原工場長は・・・

vsdrtgxs 003.jpg

GPZ900Rのウォーターパイプをノーマルのスチールからアルミに換えてました。

vsdrtgxs 004.jpg

↑元々ついていたパイプです。  鉄をバフがけ?? してたみたいですね・・・・    すぐ腐食するからメンテナンスが大変ですね。

この辺はフランジをアルミにするのと同じようにラジエター交換のときについでにやっておきたいですね♪    大変なので・・・笑

2010年8月21日 19:32 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.