ブログ月別アーカイブ:2010年5月

RCM-140 Craftsmanship FX-1製作記 9

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

hfhdthdft 002.jpg

長い間製作していたRCM-140 Craftsmanship ですが、あとブレーキ系を残してほとんど完成になりました☆

hfhdthdft 008.jpg

カナリ輝いています!!

hfhdthdft 013.jpg

よく雑誌でありそうなカットを撮ってみたのですが・・・  あんまり上手くないですね(涙)

まぁ、ちゃんと完成したら雑誌撮影もするので、そうしたらまたUPします♪

hfhdthdft 003.jpg

エンジンをかけて調子を見ていたら常連のS様が来て  「良いねぇ~!!」 なんて言いながら寄って来ました!!

SOHCのピストンはパンチもある感じでなかなか良さそうです☆

いつでもエンジンかけられるので、気になる方は気軽に寄ってみてください。

hfhdthdft 016.jpg

ショウルームにしまってからも話は続きます!!(笑

税込み¥2.980.000- で好評発売中ですので、気になる方はお問合せください。

 

2010年5月22日 17:18 更新

RCM-140 Craftsmanship FX-1製作記 8

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

TOTの結果が知りたい方はこちら

もう完成してきているFXを追いかけてブログ更新をしたいと思います。

gjhfhku 001.jpg

ついに定位置から移動!!(笑     Fホイールもついて、ここからは工場での詰めの作業になります。

gjhfhku 004.jpg

今回装着するキャリパーです。

少し変わったキャリパーで、キャスティングなのにレーシングと同じ書体で彫り文字の「brembo」でカッコイイですね♪

gjhfhku 009.jpg

Fディスクはサンスターの320mm新品です。

gjhfhku 003.jpg

メータももちろん走行距離「0km」です☆

gjhfhku 008.jpg

オイルクーラーはEARL’Sのオイルクーラーで横回しです。

次回はいよいよ火入れ編ですので、乞うご期待♪

2010年5月22日 10:35 更新

臨時休業のお知らせ。

明日5月16日はテイスト・オブ・ツクバの為、まことに勝手ながら臨時休業とさせていただきます。bgdetbbrxt 020.jpg

2010年5月15日 18:33 更新

BS走行会 IN 筑波サーキット

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

5月13日に筑波サーキットで行われたブリヂストン主催の走行会に行ってきました。

bgdetbbrxt 002.jpg

前回同様5月16日に行なわれる「T・O・T」に出場するので練習に励んでいる山本ライダーです。

bgdetbbrxt 016.jpg

「進化し続ける40代」と言って頑張っていましたので、サーキットで見かけた方は是非声をかけてください☆

応援よろしくお願い致します。

bgdetbbrxt 023.jpg

前回は雨で思うように走れなかった一般走行クラスはGSX-R1100のSさん(二回目)と、FZS1000のTさん(初)です。

bgdetbbrxt 032.jpg

この日は風は強かったのですが、天気もよくとても楽しそうに走っていました!!

bgdetbbrxt 041.jpg

見ていたら我慢できなくなってしまい、帰ってきて気付いたら筑波サーキットの走行予約をめいっぱい入れている自分がいました・・・(笑

vhdrygdry 039.jpg

やっぱりサーキットは良いですね♪

みなさんも安全にスキルアップなんてどうでしょうか?

 

2010年5月15日 17:57 更新

KZ1000 製作記5

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

hfthert 004.jpg

西村コーティングから塗りあがったばっかりのフレームを工場に運んできました。

昼間見るとよりキレイに見えます☆

hfthert 006.jpg

先に下準備を終わらせたスイングアームやフロントフォークやキャリパーです。

ペイントがキレイに仕上がっているので、組んでいてとても気持ち良いです♪

hfthert 010.jpg

今回フロントフォークのO/Hで使用したオイルは「円陣家至高」のABSO-RRです。  このフォークオイルは僕の乗る全てのオートバイに入っているくらい僕のお気に入りです☆(笑

hfthert 017.jpg

下準備は終わっているので一気に組み立てです。

hfthert 019.jpg

次回は電装&ホイールを組みます☆

2010年5月10日 17:03 更新

KZ1000 製作記4

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

しばらくサボってしまったのですが、KZ1000製作記の続きです。huih 007.jpg

キャリパーをペイントに出すのにシールが入るところを洗浄したのですが、あまりキレイになりません・・・

huih 009.jpg

こちらも腐食が酷いです。

細かいところはブラシで擦っても届かないところがあるし、ゴシゴシやると傷つけてフルード漏れの原因になります。

なので、諦め・・・・・       じゃ無くって、ウエットブラストで洗浄します☆

huih 014.jpg

こんな感じでピカピカになりました♪

huih 022.jpg

腐食の凸凹は取れませんが、錆などは全部キレイに剥がれました!!

こうやって全部きれいにしてから塗りに出します。

fgwerga 008.jpg

こちらは西村コーティングから上がってきたフレームです。

いつもどおり美しい仕上がりです☆

huih 002.jpg

メッキに出していた小物部品も上がってきたので、組み立てに入ります!!

 

2010年5月 9日 10:24 更新

RCM-140 Craftsmanship FX-1製作記 7

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

RCM-140 Craftsmanship FX-1製作記もとうとう終わりが近づいてきました。

vzdbzsfbg 008.jpg

西村コーティングでダイヤモンドコートに出していたスイングアームが帰ってきたのでベアリングを圧入しています♪

vzdbzsfbg 003.jpg

エンジンの方もシム調整が終わってあとヘッドカバーをつければ完成です。

摺動部にはラッピグ処理をしてフリクションロスを軽減しています。

ghdtht 006.jpg

まだホイールがペイントから上がってきてないので、自立は出来ないのですが、ここまで仕上がりました☆

ghdtht 001.jpg

スイングアームもキレイです!!    まるでダイヤモンドの輝き!(笑

fgresgs 003.jpg

マフラーはNITRO RACINGの新作メガホンマフラーです。

完成まであと少しです。 お楽しみに~

 

2010年5月 5日 14:51 更新

次世代型ピストン☆

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

RCM-140 Craftsmanship FX-1製作記でもチラ見せ紹介したのですが、これがこのピストンの全貌です。(画像のピストンはZ-1用の70mmです。)

 

bgfbrs 039.jpg

 

横から見たところです。  鍛造整形された鋳肌がキレイです♪

 

 

vzdbzsfbg 020.jpg

 

これは下から見た画像です。  真ん中にある刻印で気付いた方もいると思いますが、このピストンは「SOHC」製です。

 

 

dgerg 001.jpg

 

左が「WISECO」のピストンです。  比べてみると全然形が違いますね!!

 

今回のブログの題名にも書いてあるのですが、ワイセコ(純正等もそうですが・・・)に比べるとかなり形が最新車両のようなピストン形になっているのが分かると思います。  なんて呼んだら良いのか分からないので、とりあえず「次世代型ピストン」と呼ばせていただきます。(笑

 

「SOHC」曰く、加工技術や考え方はどんどん進化して行っているのに、何十年もピストンの形が変わらないのはおかしい!!   ・・・まさにその通りですね!!

 

dgerg 006.jpg

 

ピンハイトはほとんど一緒で、スカートの長さが違います。

 

パワーの出るエンジンを創る時にスカート部分を切り落として短くしたら・・・   なんて話を聞きますが、

 

元から短いスカートでも大丈夫なように設計されているピストンで無いとそれが元でエンジンブローにもなってしまったりとキケンなので絶対にやめて下さい!!

 

dgerg 010.jpg

 

裏から見た画像です。

外見は頑丈そうなワイセコのピストンも裏から見るとかなり弱そうですね!!

パッと見でもスカート部の厚みが違うのが分かります。

 

実はこのかなり軽そうな「SOHC」のピストンですが、ピストン単体重量は193gとワイセコの183gに比べて10gも重いです。

しかし、ピストンリングやピンなどを含めると5.7gもSOHCのピストンの方が合計重量が軽くなります!!

たかが5.7gだと思う方もいるかもしれませんが、比重の違いはあっても一円玉5.7枚分削るとなるとかなり大変です。

重たい分は無駄な贅肉ではなくて、スカート部に十分な厚みを持たせて変形を防いだり、ピストントップの山を高くして圧縮比を稼いでいるようです。(このピストン、かなり面白い圧縮比になりますよ♪)

 

 

 

 

dgerg 012.jpg

ピストン単体で重かったピストンが合計重量で軽くなった秘密にピストン形状の違いによってピストンピンを短く出来ると言うところがあります。

ここの重量差だけでも12gはあるので、ほとんどピンの違いといっても過言ではありません!!(笑

「SOHC」のピストンやピストンピン、ピストンリング等は全て国内生産のMADE IN JAPAN なので信頼性&耐久性も抜群です☆

2010年5月 3日 12:11 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.