ブログ

今日のTOKYO-WEST

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

 

三連休はどこか行きましたか??  僕はもちろん仕事です!笑

まだ三連休は終わっていないのですが、連休中の話です。

 

bgfbrs 002.jpg

RCM Z1000Rの常連M様が冬の間冬眠してた愛車を起こしてオイル交換に来てくれました☆

オイルはもちろん円陣家至高の「SEALS」です。  当店二番人気のオイルですね。(性能は一番です)

一番人気は、これも円陣家至高の「TCO-AC」です。 水冷だけでなく空冷にも使用できるので、Zに大人気です♪

 

 

bgfbrs 031.jpg

 

こちらは常連のFX-Ⅲに乗っているS様です。  今日はタイヤ交換に来てくれました。

新しく履くタイヤは・・・

 

bgfbrs 033.jpg

 

ブリヂストンから新しく出たBT-023です。

BT-021に比べるとタイヤのライフが30%も向上して、新しいコンパウンドを採用した事により濡れた路面でも十分な接地感が得られるウェット性能がいいタイヤです。

メインはツーリングと言う方にお勧めのタイヤです☆

 

bgfbrs 009.jpg

 

Zの腰上を分解していた菅原工場長が頭を抱えています・・・  どうしたんでしょうか??

 

bgfbrs 011.jpg

 

原因はこれみたいです。   分かりづらいですが、分かりますか?

 

bgfbrs 013.jpg

 

これはテンショナー側から見た図です。  もう分かりましたか??

 

 

 

bgfbrs 014.jpg

 

 

これがシリンダーからカムチェーンテンショナーガイドを外した画像なのですが、ガイドが前後逆に取り付けられていて本来テンショナーで押されるバックプレートの部分がカムチェーンに削られて完全にパックリ割れています・・・    本当に危険な状態でしたね!!

 

bgfbrs 018.jpg

 

 

 

 

 

チェーンガイドも折れてどこかに行ってしまってます・・・    距離を乗っている車両ではたまに折れている車両を見かけるのですが、この車両は前回腰上をO/Hしてから「一万キロも走っていない」と言う事なので、前回O/Hしたときに換えなかったんですかねぇ??

 

bgfbrs 016.jpg

 

ピストンも縦に傷が入ってます。 テンショナーガイドから削れた鉄粉のせいでしょうか??

 

この車両をO/Hする切っ掛けになったのが、「腰上からのものすごい異音」と「ものすごい白煙」だったので、ピストンを測定してみないと分かりませんが、大体の原因は解明できました。

 

エンジンは精密に出来ていて、今回みたいな部品の組み間違いなんかがあると簡単に壊れてしまうので、注意してください。

2010年3月22日 15:54 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.