ブログ

KZ1000 製作記2

サンクチュアリー東京ウエストの道岡です。

 

KZ1000のエンジンを中古車として出すにもかかわらず菅原工場長が降ろしてしまってから3週間がたってしまったのですが、その間にも作業は着々と進んでいました。

 

KZ 025.jpg

 

エンジンが下りてもまだ工場長は止まりません!!

車体の方もすごい勢いでばらし始めました。

 

KZ 026.jpg

 

もう全バラ状態ですね・・・

 

KZ 028.jpg

 

ばらし終わると今度は片っ端からキレイにして箱にしまっているようです。

フレームは外で天日干しです!!笑)

なにやらスイングアームのピボットシャフトが外れないみたいで、ダンボールに隠れているのですが苦戦しています・・・

 

KZ 033.jpg

 

やっと少し頭が出てきたところです。

ベアリングが錆びてシャフトと合体していたみたいです。 こんな状態でもスイングアームが車体についている時に動かすと動くんだから不思議ですよね~??

このKZ1000は見た目はかなり状態が良くて掘り出し物だと思ったら、エンジンは良かったのですが、足回りはそれなりでした・・・

Zは足回りをちゃんとメンテナンスされている車両が少なく、だいたいこんな感じなのでちゃんと見ておいた方がいいですね☆

 

KZ 034.jpg

 

Fフォークオイルもナカナカの汚れ具合です。

 

その3に続く・・・

 

 

2010年3月17日 18:14 更新

Copyright © SANCTUARY TokyoWest. All rights reserved.